遅まきながら雅洛に乗ってみた

最近京都大阪間でも京阪がプレミアムシートを作ったり、JRが新快速にAシートを入れてみたりと有料座席が流行っています。
国鉄の時にがぼちゃ色の快速にグリーン車が連結してあったことを朧気ながら記憶していますし、関西空港へ向かう快速にも優良座席を設置していましたが、いずれもなくなってしまったということはそれだけのものだったということだたんだと思います。
が、最近のものはどうやら好評らしく、京阪は別の車両にも組み込むようですし、JRも本数限定ですが乗車率は好調の様子。
阪急もかつての特急を改造した「京とれいん」を運行しています。

内装は真ん中の2両は畳のシートに変え、その他の4両はシートの生地を交換しています。

観光列車然としていますし、窓枠の上には座席表示のプレートもあって有料特急としても全然おかしくないところを運賃だけという良心的なスタイル。
余談ですが、このシート生地ならオリジナルのゴールデンオリーブのアンゴラ山羊の生地を色を変えて張り替えたほうがよかったのになあ~と思ったりして・・・

だんだん数を減らしつつある鎧戸式の日よけはそのまま引き継がれてるのと対照的です。
いかんせん1編成しかないので、2時間に1本程度しか運行できない状況でしたが、神戸線に所属していた編成を改造して、2本目といて、京とれいん「雅洛」なる車両が3月に誕生しました。見かける機会はあるけれど乗車機会はなかなか訪れず、先日ようやく乗車する機会に恵まれました。
京都線は神戸線や宝塚線と車両の大きさが微妙に異なり、京都線の車両は基本的に神戸線、宝塚線には入選できないので、神戸線の車両が選ばれたのは、京都線以外にも乗り入れできるようにということなんでしょうね?
これで1本目とともに運行され、どちらかに1時間に1本の乗車機会が増えました。
2本目 京とれいん雅洛

1本目 京とれいん

顔はちょっと違う程度ですが、車内に入ると・・・
2本目 雅洛

1本目 京とれいん

力のかけ方が全然違います!
入り口からしてこんな雰囲気

車内に坪庭が設置されている車両もあって、これって電車?と疑うような凝りようです

そして、車両の中央部に座席を移動して社葬を楽しめる車両も

そのシートがこんな感じ

やりすぎじゃないか?と思えるほどの拘りの塊(*^_^*)
しかもこんな機能も!

これで運賃だけで乗車できるというのは、阪急の京阪やJRに対する強烈な回答なのでしょうか?
ただ、一つ難点が・・・
1本目にも共通するのですが、快速特急と特急の上位種別で設定されているこの京とれいん。停車駅は、河原町を出たら烏丸、桂の次は淡路まで止まらず、1本目は全列車が停車する十三すら通過して梅田へ行くという、かつての特急を彷彿とさせる停車駅。
名前の通り快速を期待したいところですが、停車駅の多い特急のすぐ後に発車するので、快速とは程遠い鈍足特急と化しているのが残念な限り。
快適な車内で過ごす時間を長くということなのか?と穿った見方をしてしまいますが、快速と名付けたからには内装を楽しむのと同じくらい疾走して爽快感も味あわせてほしいものです。
狙ってまでは乗車することはないけれど、また乗れたらラッキーかな?

カテゴリー: おでかけ, 乗り物, 京都, 思うこと, 日記, 電車 | タグ: , , , , , | コメントする

束の間の非日常へ その7 完

羽田の便は遅れましたが、それでも浦東国際空港には余裕をもっての到着です。

大体、タイトなスケジュールを組みがちですが今回は余裕を持たせておいてほんとよかったなと思います。海外は余裕がないとやっぱり焦りますしね!
余裕を持たすと今度は時間を持て余すことにつながりますが、そこはラウンジでのんびりさせてもらって!

2階建ての大きなラウンジ。
中国産のワインを飲んでみたり
 日本では飲めない日本のビールを飲んでみたり

でいい時間を過ごせました。仮眠室とかあって興味ありますが、まあそれはまた別の機会に!
搭乗時間が迫りゲートへ行ってみると、そこはバスゲートでした!
ビジネスクラス用のバスが別に用意されており

子供連れのお客さんと僕だけがそのバスに乗って、なんだかいいご身分!と悦に入っていましたが、飛行機に到着すると・・・すでにバスが到着しておりカオスな状況でした!
こんな運用、意味あるのかしら?

搭乗機はA321
エアーチャイナ、3月に北京から羽田に登場した際、予想を覆す高評価だったので今回もナローボディーで多少距離も短いけれどそこそこ期待していたのです!

いざ搭乗!

まあ、ナローボディーのビジネスクラス、事前の予想通りのシートでした。
前を見ると照明が切れています・・・ちょっと嫌な予感・・・

担当のクルーが挨拶がてらウェルカムドリンクを聞きに来ました。
アルコールはある?と聞いてみると、ないという無情な回答・・・
氷の入っていないオレンジジュースは常温でした(*_*)
ラウンジで多少は飲んでおいてよかった(^-^;

離陸すると、さっそく食事の用意・・・

今度はきっちり氷を入れてもらったオレンジジュースをオーダーです!
メニューすらなく、ビーフのサンドイッチと説明があって気持ちがさらに沈んでいましたが、実際に提供されると前菜がきっちりと!

アルコールがないのが余計に寂しいですが・・・
結局ビジネスは貸し切りだったのでゆっくり過ごせましたが、中国国内にも運用されているこの機材、あんまりきれいではないなというのが印象に残りました。

搭乗しているCREW、日本の会社よりもかなり余裕があるな~とその違いが見えてきました。まあ、何事もディスプレーの前で分かったつもりになっただけではだめで実際に経験してみないとね~

関空に到着後、スムーズに入国が住みリムジンバスの中で花火を見ることができました!
帰国をお祝いしてくれてるかの如く(^-^;
かなりの弾丸で疲れたのですが、やっぱり内に籠っているだけでは見えてこないものがたくさんありますし、図らずしてデモのタイミングで窺うことになった香港も、現地はどうなのか?ということもよくわかりました。まさに百聞は一見に如かずです。
滞在時間が長ければそれに越したことはないけれど、短くても空気感は十二分は分かるし、そういう場所に身を置くことの大切さを改めて実感しました。
誰にも告げず一人フラッと出かけないと、こういうプランニングはできないでしょうが、疲れより行けてよかったなという満足感が遥かに上回った今回の弾丸旅行。
読んでくださる皆様の参考になるものは少ないでしょうが忘備録としてつらつらと!

カテゴリー: おでかけ, スターアライアンス, 乗り物, 弾丸旅行, 思うこと, 旅行, 日記, 海外, 飛行機 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントする

束の間の非日常へ その6

ほぼ予備知識なしに降り立った上海。

どうしようか考えて、ひとまず上海らしい景色が見える場所をと思い地下鉄に乗りました。上海の地下鉄、改札をくぐる前に飛行機の荷物検査のようなものがあります。
昨今新幹線で発生する凶悪な事件で度々手荷物検査が話題になりますが、結論として出来ないというお話になっているかと思いますが、こういう光景を見ると、出来ないことはないんじゃないか?ということを感じたりしました。
地下鉄に揺られてやってきたのは南京東路。地上に上がると京都でもおなじみの大丸が!


大丸はおなじみですが、なんだかスケール感の違いに圧倒されました(*_*)

流石は中国だな~と妙な感心をして店外に出てみます。暑さが厳しいのですが、とりあえず歩いてみます!
上海バンドでいかにも上海!という景色を見てみたかったのですが、どうやら違う方面に歩いていたようで歩いていても見えてこないし、あれ?と思って断念したというなんとも格好悪いお話で・・・なぜ位置関係を確認しなかったのか今思えば謎なんですが・・・それでも少しだけ、それらしい景色は楽しむことが出来ました!

まあ、次に行くときの楽しみに置いておこうということにしておきます(#^^#)
こうして歩いてみて感じたのですが、バイクがほぼEV化されており、日常の景色になっていること。自動車のEVについては懐疑的ですが、原付バイクのEVはチョイのりだしそれほどの航続距離を求めらるわけでもないし、充電のインフラも家庭用のコンセントで行けるだろうし普及が進むのも納得しながら見ていました。
南京東路を後にして、次の目的地へ!
そのまま地下鉄に乗って浦東の空港でもよかったのですが、マグレブ(リニアモーターカー)も体験したいというわけで(#^^#)


実用化されているけれど、実用的な利用ではなく専ら観光客相手な感じ。
しばらくするとやってきました。

3人掛けになっているので、廊下側だと残念だなと思いつつ、どうにか窓際に座ることが出来ました!

時間帯によっては431㎞ではなく300㎞と日本で新幹線に乗るのと変わらない速度しか体験できないので、せっかくだから431㎞を体感できる時間外に照準を合わせていざ出発!乗り心地が気になるな~と思っているうちにみるみる加速していきます。
地上で300㎞は経験がありますが、それから先は未体験ゾーン!
暴力的とでも評せるくらいのスピード感を味わいましたが、その時間は1分に満たない程度でしょうか?

そのままスピードを直線的に落として、空港駅に到着しました。

浦東の空港は虹橋と違ってかなり立派な様子です。

そそくさとチェックインして、この旅行最後の搭乗に備えます!
続く

カテゴリー: おでかけ, 乗り物, 弾丸旅行, 旅行, 海外, 街歩き, 電車 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

束の間の非日常へ その5

ちょうどいい時間に羽田に到着することが出来ました。そのまま国内線に乗って大阪に戻らないのは、このブログを見てくださってる方は察しがつかれるかと思いますが、その通り(^-^;
入国せずですが、航空券の発券がまだ(^-^;なので、まずは発券!

ラウンジでしてもらえて一安心(*^-^*)
機内で思いのほかゆっくり眠れたとは言え、絶対的な睡眠量は足りないのでマッタリさせてもらいます!
その前にここでも再びシャワールームをお借りして!

搭乗前にシャワーを浴びると体の疲れ方が違うことを実感したから味をしめて(*^-^*)

THANNの香りがいい感じ(#^^#)
スッキリした後は、再び食べて飲んで!

我ながら朝からよく食べるなあと感心してしまいますが・・・
マッタリするはずがそんなこんなで時間が過ぎてしまいまい、次の便の搭乗時間が迫ってきましたので、搭乗ゲートに移動すると・・・
管制指示で出発が30分遅れるとのアナウンスなので、もう一度ラウンジに戻りました。
この旅程は結構遅れが発生しますが、乗り継ぎには余裕を持たせていたので焦ることがなかったのは、我ながらなかなか上手なプランニングと自画自賛!(^^)!

羽田の国際線、到着はあっても搭乗はこれが初めて!
結構なお客さんが搭乗待ちしていてステータス持ちのお客さんの並び方を見ていると、なんだか羽田→伊丹便の様相・・・なんて思いながら搭乗します。

今度の機材はB787-8国際線で搭乗するのは2度目かな?
仕様によってはスタッガードタイプのものもありますが、搭乗便は香港往復便と同様にクレイドルタイプの座席。

ただし運用はエアージャパンではなくANA本体になります。
搭乗するや否や、座席に何かメモ帳らしきものが置いてあります。

あれ、何だ?と思ってみてみると、誕生日を祝うメッセージカードでした!
この後頂いたアメニティキット詰め合わせの誕生日プレゼントと併せて(*^_^*)
気恥ずかしいですが、嬉しいですね(#^^#)
この便も横に座る方はいらっしゃらないので、ゆっくりさせてもらいました!
昨日の香港便と同じメニューなので機内食、今回は和食をチョイスしました。

機内食に多くを求めるのはどうかとも思いますが、まあ美味しくいただけました。
787は767に比べ機内与圧を高く出来るぶんだけ快適性が上がっているのでしょうが、伊丹羽田の1時間余りでは意識することはありませんし、今回は3時間程度のフライトでしたが、同じくあまり意識はしませんでした。
787は翼のしなりが美しいですね~

ハチャメチャな旅程のフライトをパソコン上の画面で楽しんでいることと、それを実際に行動に移すことについて、いくら飛行機好きでも堪えるな~と後悔しつつ・・・
そうこう考えているうちに着陸態勢に!到着したのはこんな感じの空港。

そう、中国は上海の虹橋空港。浦東が国際空港としてメインですが、旅程として出されたのは虹橋!大阪でいうところの関空と伊丹のような関係ですが、羽田とソウル、台北くらいなのかな?虹橋の国際線の路線が開設されているのですね!
浦東への乗り継ぎなので、ここからちょっと観光がてら移動します。
続く!

カテゴリー: ANA, スターアライアンス, 乗り物, 弾丸旅行, 思うこと, 旅行, 日記, 海外, 飛行機 | タグ: , , , , , | コメントする

束の間の非日常へ その4

心配は杞憂に終わり、香港を満喫して帰路につきます。
チェックインを終えて制限エリアに入ります。
お買い物には全く興味がないので、そのままラウンジに直行!
案内されたのはシンガポール航空のシルバークリスラウンジ。

シルバークリスラウンジに入るのは超ご無沙汰ですし、香港は初めて!

普段、国内線のシンプルなラウンジに慣れているいるのもありますが、
飲み物が食べ物が豊富にある国際線のラウンジ、しかも評判の高いシルバー
クリスラウンジということもあって、搭乗までの2時間ほど、存分に楽しませて
もらいました。
写真の説明はありません。
Champagneが用意されているところがイケてますね~
画像に含まれている可能性があるもの:1人、飲み物
マッタリとしながら、今回試したかったことはシャワールームの利用。
受付で伝えるとすぐに使えるということでラッキーな状況!

そこそこのスペースで汗を流してすっきりとして搭乗することが出来ました(*^-^*)
シャワーを浴びると浴びないでは疲れの出方が全然違うことを実感しました。
そうこうしているうちに搭乗時間が近づいてきましたのでゲートへ!

深夜便ですが結構なお客さんが搭乗を待っています!
早速搭乗。往路と同じスタイルのシートがお出迎え(~_~)
写真の説明はありません。
強行軍を可能にしたのは、ビジネスクラスでとりあえずは機内で睡眠確保が出来ると
踏んだから!フルフラットにはなりませんが、お隣の席も空いているから広々と使うことが出来ました(*^-^*)

デモで予定変更とならずよかったのですが、搭乗してしばらくするとみるみるうちに天候が悪化。周りが明るく感じるくらいの雷光があちこちに走り、当初予定の滑走路が変更になり、変更後の滑走をとタキシングするという珍しい経験。
離陸街の飛行機が4~5機程ですが、お天気は悪化する一方。

直前の機材がいざ離陸!となったのですが、ゆるゆると滑走し結局離陸を中断する程に悪化してしまいました。
いよいよ順番になったのですが先行機と同様、滑走路途中で滑走路から外れて離陸中断。再び離陸する機材の順番に入り、なんだかんだで2時間弱離陸が遅れました(+_+)
写真の説明はありません。
その時の様子がこんな感じです。
でも、この日は広々シートなので、その遅れもそれほど気にならず(*^-^*)
離陸するとすぐにドリンクサービスだったので、眠る前にお酒をということで再びChampagne(*^-^*)
画像に含まれている可能性があるもの:飲み物、画面
本来起床してから提供される機内食だったのですが、CREWの配慮で寝る前に提供してくださること!

お腹を満たしてから眠りにつくことが出来ました!イレギュラーが起こると、融通を効かせてくださるビジネスのありがたみが倍増しますね~
飛行機でここまでグッスリできたのは経験がないな?というくらいに深い眠りについて
羽田への到着も朝5時台から7時台という好ましい時間帯へ変わったため、結果的に大満足のフライトでした。
画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、飛行機、屋外
往路と同じエアージャパンのCREWでしたが、スマイル全開(営業ですが(^-^;)で往路とは全然違う雰囲気!物事は一面だけでは語れないなと感じました。
羽田到着は沖止め

ウイングレットが燦然と輝く機体は仕事をやり遂げた誇らしげな様子に見えました!

次のフライトに備えるために、ラウンジで英気を養います!その5へ続く。

カテゴリー: ANA, おいしいもの, スターアライアンス, ワイン, 乗り物, 弾丸旅行, 思うこと, 旅行, 日記, 海外, 飛行機 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントする

束の間の非日常へ その3

先ほど速報で、一連の香港のデモの原因であった「逃亡犯条例」改正案を完全に撤回するとの報道が流れていました。まずは香港の皆様におめでとうと申しあげたいです(*^_^*)
まだ予断は許さないのかもしれませんが、報道が真実ならこの事象はもう過去のものとなるのですが、書き記しておきたいと思います。
訪問する少し前に、空港がデモで占拠されるという状況に陥るという最悪の状況でしたから、ずいぶん前から準備していたこの計画もリスクがあるな?というのが正直な思いでした。が、そのあたりの状況にシビアに対応しているであろう航空会社からは特段ネガティブな情報もなく、領事館からの情報も訪問したい場所は問題なさそうだったので強行した次第。機中でCREWに状況を確認するも、当該便のCREWはとんぼ返りというなかなかハードスケジュールのようであまり方法は持ち合わせていない様子。
そうこうして空港に到着し、入国。

最悪空港外に出ることは断念しないといけないかな?という思いでツーリストインフォメーションに確認すると、大丈夫そうだということを確信できたので、街まで出ることにしました。

エアポートエクスプレスに乗って香港駅まで。
まずは腹ごしらえと思ってエレベーターを上がると・・・
この名前に見覚えがあるな?と思って記憶をたどると、東京の日比谷で行列をなしているお店だなということを思い出しました!

飲茶を口にしたかったので、ラッキーな状況に入らないわけがありません!

一人だとあまり食べられませんが、とりあえず食べたいものは注文して満喫しました(*^_^*)
その後地下鉄で九龍へと思ったらなんだか乗り間違えてえらい遠回りに・・・

短い滞在でしたが、デモ関連を知らせるものはこのインフォメーションだけでした。

香港らしい活気を感じて、歩き疲れて足マッサージに身を委ね

プリプリの食感を楽しみたかった海老ワンタンメンを堪能し

香港の夜景を見ていたら、日本の中にいてると井の中の蛙になってしまうことを改めて感じながら、そのあまりの美しさにウットリしていました。
シンフォニーオブライツをしっかり堪能し

最後にスターフェリーで再び香港島まで戻り
再びエアポートエクスプレスで空港へ向かいます。
半日強の滞在時間ですから無駄にできる時間は少なく、それ故情報に対して注意深く判断をする必要に迫られましたが、結果的にその判断に誤りがなくて一安心できた瞬間でもありました(*^_^*)
日本ではできないシティーエアターミナルでのチェックインにも興味津々でしたが

まだ時間前ということでチェックイン出来ず、この体験は次回に持ち越し!

空港に到着すると

ターミナルに入る前に搭乗券チェックがあり、利用者以外はブロックされているいました。

カウンターで預ける荷物が一つもない身軽な旅ゆえ、自動チェックイン機の発券が可能になる時間まで空港内をぶらぶらと見学し発券後そそくさと制限エリアに!
やりたかったことが全て遂行出来、濃密な時間を過ごせたことと、マスコミの情報を鵜呑みにしてはならず、信じるべきは自分の眼と情報を判断する能力であることを強く感じさせてもらえた今回の訪問に感謝したいと思います!

カテゴリー: おいしいもの, おでかけ, お値打ち!, ご当地, 乗り物, 弾丸旅行, 思うこと, 旅行, 日記, 海外, 街歩き, 電車 | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

束の間の非日常へ その2

地上係員の方と成田空港のロビーをランニングしてどうにか乗継便のスポットに到着しました。

乗り継ぎにはちょっとタイトな時間だと感じていましたが、ANAの定める最低乗り継ぎ時間(MCT)は満たしていておりました。が、少しでも遅れるとこうしたランニングタイムが出現することを身をもって体験したのでした(*_*;
次の搭乗便はB767-300ER
僕の好きな機種ですが、ANAの国際線機材として搭乗するのはこれが初めてかな?
早速搭乗。

中距離国際線機材のビジネスクラスシートはクレイドルタイプ。

最新式は個室タイプのもので、先ほど伊丹から搭乗したものがスタッガードタイプ。
この二つは長距離用なのでそれらと比べると見劣りしますが、ご覧のとおりシートピッチも十分ですし、幸いなことにお隣もいらっしゃらないのでまあこれはこれで快適かな?
ただリクライニングのボタンを押すとフットレストの角度も勝手に調節されてしまい微調整が効かないのはよろしくないですね~
ANAですがこの便はグループ会社のエアージャパン(AJX)のCREWで運航されます。
ANAの制服を着用されていますが、ANAとは雰囲気が違います。
よく言えばクールな感じですが、サバサバした印象。
ウェルカムドリンクもなく定刻で離陸。

国内線機材には装着されていないウイングレットが誇らしげ!
しばらくするとタオルが配られます。このタオルを受け取ると国際線に乗ってるな~という実感が沸きます。そしてようやく飲み物のサービスが!

不織布のクロスが敷かれました。コスト面でも効率面でもこちらのほうが便利なんだろうけれど、簡素化されてるなというネガティブなイメージです。

この時間帯、少し揺れていたのでピントが合っていません(*_*)

シャンパンのおつまみにあられ、あられに罪はないけれど、どうなんでしょうか?
機内食、撮ったつもりが撮れていませんでした(^-^;

料理に合わせて白ワインをいただきました。まずまず美味しい!
しきりにおかわりを進めてくださるので、それじゃということで赤ワインも(#^^#)

いいですね~
この頃にはもう食事が終わっていたので、おつまみも併せていただきました。

ナッツが出てきました!やっぱりワインにはあられよりナッツが嬉しいですよね~
せっかくなので、本日搭載しているもう一種類のワインもいかがですか?とおすすめいただいたのがロゼ

めでたくコンプリートと相成りました!

いい空を眺めていると、誕生日ということでこんなものをいただきました!

長距離路線ならアメニティキットが配られるでしょうが、中距離便にはありません。
中を見ると、アメニティキットの詰め合わせが入っていました!
そのお気持ちがありがたい(*^_^*)
CREWの方とお話をしていたら、エアージャパンはANAのOGや外資系の経験者が多いようで、最初に感じた雰囲気の違いはこういうことか?と合点がいきました。その雰囲気と悪い意味での合理的なサービスが組み合わさるとあんまりよろしくないなあという印象を受けてしまいます。
担当のCREWは素敵な方でしたが、ベースとなるサービスの水準は如何ともしがたいところですし、そこをANA本体運航なら日本らしいきめ細やかさでカバーができるのでしょうが、そうではないところにサービスの難しさというものを感じました。
今や情報はネットで簡単に拾える時代ですが、ニュアンスや空気感といったものは実際に体験してみないと分からないものですし、そういう経験をすることがこの旅のテーマになるなることを実感したのでした。CREWの皆さんは結構な時間を飛んでこのまま東京へ折り返しというかなりハードなスケジュールのようで、なかなか大変そうです(*_*)
到着。

どこのに来たのか?というと

連日のデモ活動で揺れている、香港!

テレビ報道ではわからない実際を求めて!
続きます。

カテゴリー: ANA, おいしいもの, おでかけ, ワイン, 乗り物, 弾丸旅行, 思うこと, 旅行, 日記, 海外, 飛行機 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする

束の間の非日常へ

怒涛のように慌ただしく時間が過ぎた8月。心身ともに疲れ果てましたが、自分への
ご褒美を用意していたからどうにか乗り越えられた感じです。
まだ、乗車する電車が眠っている状態からのスタート!

伊丹空港に到着。最近この先を右に曲がることが多いですが、この日は左へ!

こういう光景は今のうちだけなので記録に残しておきます。搭乗手続きもサクッと終わり

ラウンジで朝から飲むビール🍺が美味しい(*^^*)
まずはこちらまで!パタパタ式の案内板の活躍が見られるもの長くないのでしょうね・・・

成田便といえば777-300ER ANAの関西発国際線ではお目にかかることのないフラッグシップです

最新のものは個室化されてますが、スタッガードタイプのビジネス座席

これなら長時間フライトでも疲れ知らずでしょうね!

国内線の777はP&Wのエンジンですが、777-300ERはGE。というかGEしかエンジン選択が出来なかったように記憶しています。世界最大の超巨大ジェットエンジン!
ファンの直径、3m越えって・・・
国内線運用ではこのエンジンの性能を持て余すのでしょうね~軽々と離陸していきます!

空の景色を楽しみつつ、成田への着陸が迫ってきますが少し遅れる見込み。
到着すると、出口で地上係員の方に名前を呼ばれ成田の雰囲気を堪能する間もなく、結構な距離をランニングすることに・・・
この機材はこの後、ヒューストンまで飛んで行ったようです。僕は、違う機材に乗り換えて・・・
続きます

カテゴリー: ANA, おでかけ, スターアライアンス, マイレージ, 乗り物, 思うこと, 日記, 電車, 飛行機 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

47都道府県

先日47歳になりました!
ここのところ1年が過ぎるのが早いような気がします・・・
のんべんたらりと過ごしているとあっという間に過ぎてしまうので、ここのところ毎年なにか目標を立てて過ごすことにしています。
47歳の目標をどうしようかな~と考えていたところ、ふと日本って47都道府県だったよな~ということが頭に浮かんできました。
そのうち、まだ足を踏み入れていない場所がどれくらいあるのかな?と考えてみると・・・
北から数えてみると
青森、山形、福島、新潟、茨城、栃木、群馬、富山、佐賀
9県ありました。
こうしてみると、東北には縁が少ないと思っていたのですが、
東北6県のうち半分は言ったことがあるという意外な結果。
そして圧倒的に関東圏が少ないことが分かりました!
富山の次に佐賀というのも突然な感じですが・・・
富山は、立山に行ったことはあるので行ったと考えてもいいけれど
感覚的にはそれは無しかな?と(^-^;
世界地図で見ると日本は小さな島国でしかないけれど、それでもまだこれだけ足を踏み入れていない場所があるというわけで・・・
ということで、47歳の目標はこの残り9県に足を踏み入れ、47都道府県を回ったということにしたいな~なんて思っています!完全なる自己満足ですが(^-^;
お得意の日帰り弾丸旅行でもいいし、どんなプランニングしようかと考えるだけで
ワクワクしてきます!
飛行機好きとしては飛行機でアクセスできる場所は比較的たやすく達成できそうです。
と考えると、関東の未踏県の難易度が高そうかな?
単調に過ぎる毎日ですが、こういうことを考えて楽しく過ごしたいものですよね!(^^)!

カテゴリー: おでかけ, 国内, 弾丸旅行, 思うこと, 旅行, 日記, 街歩き | タグ: , , , , , , | コメントする

煽り煽られ

常軌を逸した煽り運転の挙句、ドライバーを殴った男性と、その横で制止することなく見ていた同乗者の女性が逮捕されてしばらく経ちました。
映像を見ていると、ドライブレコーダーの重要性を改めて強く感じますよね!
今回の事件も、殴られたと申告しただけでは警察は動かなかったでしょうし、百聞は一見に如かずだなあと思います。
僕が巻き込まれた事故も、ドライブレコーダーが車についていたら状況は激変していたといまだに思うところではあります。
それにしても、この御仁、いろいろ余罪がありそうですが、あんな運転されて近づかれたら堪らないでしょうね・・・
捕まった人間に同情する余地は皆無ですが、周りに配慮するという認識が全くない運転不適格なんじゃないかという車を見かけることが少なくありません。当人たちは煽られたという認識になるのでしょうが、結果は原因を伴うわけで、煽られるような気配りのできない運転をしている事実を認識して改めないと、何時まで経っても状況は変わらないように思いますし、そういうドライバーが減ってマナーが良くならないと煽り運転はなくならないのだろうなとも思ってしまいます。
それに加えて思うのは、最近の車の顔つきが、威圧感を与えることに心血を注いでいるように思えてなりません。いかつい顔つきのデザインのほうが売れるからそういうデザインが増えてくるというのでは自動車メーカーの良識を感じませんし、メーカーがきちんとイニシアチブをとって環境改善につなげていかないとだめなんじゃないかな?なんて思ったり・・・悲しいかなそういう車に乗ると、自分は偉くなったと錯覚する残念な人が少なくないように思います。
最近、車を運転する機会がめっきり少なくなってきたので、こういうバカげたことで無用のストレスをため込まなくて済むことが嬉しかったりします(*^-^*)
まあ、その分、自動車以上に傍若無人な運転をする自転車乗りを見て悩ましい思いをしていますが・・・

カテゴリー: 乗り物, 思うこと, 日記, 自動車 | タグ: , , | コメントする